塾を開いて15年になります。

その間、時代はめまぐるしく変化し、子どもたちを取り巻く環境も激変しました。

社会が便利になった引き換えに、不登校・ネット依存、いじめなど現代の子どもたちが抱える課題は増える一方です。

社会情勢も移り変わる中、これからの時代を生きる子どもたちには強い精神力が欠かせません。

 

もちろん、勉学は大切です。

当塾では数学を教えていますが、私立のみでなく、公立や様々な環境の生徒が通ってきてくれています。

数学は膨大な基礎の積み重ねの上に応用力を必要とする教科であり、費やした時間に対して報われない結果がでることも多々あります。

数学という、いつの時代も普遍的な学問を通して、継続的に学ぶ忍耐力や、うまくいかないときも前を向く精神力を身に付けられるようにサポートしていきます。

 

一人一人の生徒を取り巻く異なる環境を理解し、勉学に対する意欲を支えていけるように常に意識しています。また、そのように接する日々の中で、ひいてはその意欲が、生きる力に繋がって欲しいと考えています。

 

受験期には、生徒の目標の実現に向けて導き、また、結果に一喜一憂する生徒の心の揺らぎを支え、前を向かせるように努めています。

 

そうして、人生において大学受験という難しい時期を乗り切った卒業生が、塾に元気な顔を見せに来てくれることが、私の明日への活力となっています。